Elephant in the Room

フィクションと死と医療をつなぐ実験的ブログ

現象とコトバの間にあるもの

f:id:cometlog:20170220215926j:plain

 

「現象」と「記憶」は似ている。どちらも「私」の中に立ち現れる、個人的なものだ。

 ただし、「現象」は可塑性のある、きわめて刹那的なもの。すぐに変質してしまうのだ。「現象」にはこういった特性があるということを、ぼくらは忘れがちだ。

 

「現象」は個人的なものであるため、他人と簡単には共有することができない。ぼくの感じる痛みと、あなたが感じる痛みは、同じものかどうか比べようもないからだ。

 だからこそ、現象を比較するときには「コトバ」を介する。言語化しにくい「現象」をなんとか「コトバ」に表現して、他人に伝えようとしているのだ。

 

 このとき、ぼくらは「現象」から直接的に「コトバ」をつくりだしているわけではない。その間には必ず「記憶」が介在している。

「現象」はすぐに変質してしまうからだ。

 

 つまり、「現象」→「記憶」→「コトバ」という経路をたどっているのだ。

 

「現象」は「私」の中からすぐに消えていく。「記憶」は(認知機能が正常である限り)しばらくの間「私」の中に保持されている。

 もちろん、時間とともに「記憶」も変質していく。曖昧になっていくものだ。

「コトバ」にしておくことによって、時間的変質から免れることができるかもしれない。しかし、変換によって情報が劣化することは避けられない。

 

「現象」に対するアプローチについて考えてきたが、原理的には直接「現象」にアプローチすることはできないのではないだろうか。

「現象」にアプローチしているようにみえて、実態は「記憶」に対するアプローチになっているのである。

 

 仮に、フィクションや音楽は、作品を媒介しながら「記憶」に働きかけていると考えてみる。とすれば、癒しのアプローチとは「記憶」の書き換え作業ということになるのではないか。

 

 関心も共通基盤も「現象」から直接立ち上がっているのではない。「記憶」から立ち上がっているのだ。

 

 またバイブルを通読してみたい。

構造構成主義とは何か―次世代人間科学の原理

構造構成主義とは何か―次世代人間科学の原理

 

 

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル