Elephant in the Room

フィクションと死と医療をつなぐ実験的ブログ

嘘みたいな物語の定型

 今回もまたフィクションではなく、本当の話だ。

嘘みたいな本当の話 (文春文庫)

嘘みたいな本当の話 (文春文庫)

 

 

 Amazonのレビューにもあったが、ストーリーよりもまえがきと巻末対談がおもしろい。応募総数1500通の嘘みたいな本当の話を読んでみると、不思議なまでに共通点があったそうだ。

 日本人には物語にも国民的定型があるようだ。書き手は無意識のうちにこの物語的定型をなぞらえ、読み手は期待されるその定型とのずれを楽しんでいるのではないか、と。

 

 確かに、診察室で語られる物語(ナラティヴ)も定型があり、死生観にも定型がある。無意識のうちに何らかの定型に回収させているのだろう。

 文脈にとらわれすぎている、と言ってもいいだろう。

 日本人の特性なのだろうか。少なくとも、このような傾向が観察されることには注意を払いたい。

 

 さて、この本の中のストーリーを読んでいて、ひとつ思い出した幼少時のできごとがある。「嘘みたいな本当の話」風に書いてみた。

 祖父が運転する農耕用トラクターの運搬車の車輪に、右手を轢かれたことがある。どんな場面だったか今となっては詳しく思い出せないのだが、トラクターに乗っていて転落し、寝そべった状態で顔の目の前で自分の右手が轢かれていく場面と、痛重い感覚だけは今でもはっきりと覚えている。

 車輪に轢かれるまま、あわてて引っ張らなかったのがよかったのか、幸いにも「まったくの」無傷だった。病院に行くことさえなかった。自分は不死身だと思った。

 ところが、家族や友人に手を車に轢かれた話をしても、「そんなはずはない」「無傷なわけない」「記憶違いだ」と誰にも信じてもらえなかった。そのうちに、あれは本当だったのだろうかと自信がなくなっていった。

 今でもこうして右手は問題なく使えている。

 

 これも定型に回収させているだろうか。もちろんフィクションではなく、本当の話だ。

 

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル