Elephant in the Room

フィクションと死と医療をつなぐ実験的ブログ

戦争も遠いできごとになってしまった国で

 「はだしのゲン」について。2013年8月18日の天声人語から。

天声人語 2013年8月18日 - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN

 

 引用は難しいため、原文はご一読を。ここでは、かいつまんで話を進めたいと思う。

 

 「はだしのゲン」は作者自身の被爆体験をもとに、当時の広島の酷い光景が描かれている。漫画は子供向けに抑えて描いたとされているが、それでも「残酷すぎる」と言われることがあったようだ。

 地獄絵のような場面を見れば、だれしも恐怖を感じるものである。しかし、そのような経験を経てはじめて、被爆体験を伝えることになるのだ、そういった趣旨だ。

 

フィクションの力

 いまだ経験していないことをありありと感じることは、なかなか難しいことだ。

 広島原爆投下から68年。時が過ぎ、時代は大きく変化した。そのような過去の体験ともなれば、知る方法はもはや限られている。

 

 そのような中で、「はだしのゲン」はいまだその魔力を保ち続けている。出版されて50年以上を経ていてもなお、ニュースの話題になっている作品なのだ。

 フィクションの力には、凄まじさを感じる。

 

排除することが教育か?

 戦争も死も、遠いできごとになってしまった国では、この本を小中学校の図書館で自由に閲覧できるようにしておくことは難しいことなのかもしれない。

 この本の扱いをどうするか、よく議論しておくことは、教育者としては大事なことだ。

 

 なんでも排除してしまえばそれで解決するのか?

 個人的な興味はその一点についてである。

 

 ただ、戦争も死も、遠いできごとになってしまった国では、学校の図書館でなくても作品を読むことができる時代になっているということを、忘れてはならない。

 

 Amazonでも買える。

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

 

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル