Elephant in the Room

フィクションと死と医療をつなぐ実験的ブログ

戦争も遠いできごとになってしまった国で

「はだしのゲン」について。2013年8月18日の天声人語から。 天声人語 2013年8月18日 - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN 引用は難しいため、原文はご一読を。ここでは、かいつまんで話を進めたいと思う。 「はだしのゲン」は作者自身の被爆体験をもとに、当時…

土の中に何かが埋まっている

引越しがようやく一段落。たくさんのモノに囲まれていることを再認識することとなったが、これからの人生に必要なモノはどれほどあるのだろうか? 本についても然り。 思い出という名の記憶と忘却のなかで、われわれは暮らしている。昔読んだ本を手にするこ…

いまだ経験していないことを感じる

以前読んだ本。あるALS患者の本棚で見かけてからというもの、心のどこかにひっかかっていて、遠い記憶をたどってみることにした。 逝かない身体―ALS的日常を生きる (シリーズ ケアをひらく)作者: 川口 有美子出版社/メーカー: 医学書院発売日: 2009/12/01メ…

ダンボールに囲まれて

1年半ぶりにダンボールに囲まれている。 タンスの肥やし、ならぬ、押入れの肥やしになっていたダンボールの数々。何度となくダンボールの入れ替えをしながらも、押入れの奥でひっそりと生き延びてきた負の遺産たち。ほとんど使われることなく、長いもので20…

レイモンド・カーヴァーの象

タイトルにつられて、またレイモンド・カーヴァーを手にしてしまった。 また、といっても、手にしたのは1年半前になる。時間が経つのは早いものだ。 カーヴァーに「象」という短編があることは知っていたが、なぜかこれまで手にしたことはなかった。 今回は…

象はどこへ行ったのか

久しぶりの投稿。よく言えば、構想をあたためていた、というところか。 忘れていたわけではなくて、象について、毎日のように考えつづけている。象はどこに潜んでいるのか。 以前、象とは何かでも書いた。 「象はいつもどこかにいる。とてつもなく大きくなり…

リトル・ピープルと拡張現実

ちょうど「1Q84」を読み終えたところで書店で見かけ、「リトル・ピープル」にひっかかり思わず購入。 1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/05/28メディア: 文庫この商品を含むブログを見る リ…

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル