Elephant in the Room

フィクションと死と医療をつなぐ実験的ブログ

現象とコトバの間にあるもの

「現象」と「記憶」は似ている。どちらも「私」の中に立ち現れる、個人的なものだ。 ただし、「現象」は可塑性のある、きわめて刹那的なもの。すぐに変質してしまうのだ。「現象」にはこういった特性があるということを、ぼくらは忘れがちだ。 「現象」は個…

もはやどこにも押しつけられなくなった価値観

ぼくの過去記事 生死を押しつける価値観 - Elephant in the Room を読み直した。 当時は、「生死を病院だけに押しつけていていいのか?」という気持ちだったに違いない。その部分に共感して書いた記事だったのだろう。 おそらくこれは、病院で長く働く人であ…

関心は過去の体験に依存する?

はじめて見る景色のはずなのに「どこかで見たことがある」と感じることはありませんか。 はじめて聞く音楽のはずなのに「どこかで聞いたことがある」と感じることはありませんか。 そして、それがとても心地いいと感じることも。 どこかで見たことがある景色…

図書館をもっと活用したい

図書館って大事なものだ。もっと利用すべきだった、と感じた一冊。 図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける 作者: 奥野宣之 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2016/03/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を…

生死を押しつける価値観

5年ぶりに、震災のことを思い出した。そう、あの熊本・大分の地震のせいだ。 おそらく2013年当時のものだが、新聞記事を読んですぐに途中まで書きかけたと思われる下書き原稿が出てきた。備忘録として掲載しておく。 「死生観、大震災で変化 宗教学者・植島…

象の操作室、デザイン一新

ブログデザインを一新した。単に気分的な動機によるものである。 このテンプレート、メモ帳のようなテイストでなかなかいい。 英字のほうが映えるデザインのため、タイトル「象の操作室」を英文タイトル「Elephant in the Room」としておいた。 ちなみにこれ…

想定復元というフィクション

三内丸山遺跡(青森市)を訪れた。 最後にここを訪れた時(といっても10年以上前だろう)には、プレハブのような資料館とまだ整備されていない広い公園のような空間がただ広がっていただけであった。どれほど貴重な遺跡なのか、その価値がよくわかっていなか…

 Copyright © 2003, 2007-2017 地域医療ジャーナル